脱毛をした後の女性
女であれば一度は憧れる事もある全身脱毛、可能なならクリニックにのんびりに話し合いしてみたいと思う人が多々あるのではないでしょうか。

ただし、医療脱毛はまだ局所を除いては自由診療という位置ずけである事からも、敷居が高く美容クリニックへ手直ししたりする人もいるのではと考えます。

そんな訳で、脱毛施術経験者意外でも情報を公開されると、医療脱毛への門も叩きやすくなるといえます。

医療脱毛の「VIO」のいろは女子のデリケートゾーンである、ビキニライン、性器周辺、肛門周辺の脱毛は、最もニーズの多々ある部位でもあります。

最もきになる施術中の衣装ですが、クリニック内で専門のガウンに着替えます。

と同時に下半身のみ下着を脱ぎ仕込みに入ります。

下半身をガウンに纏い照射部位ごとにガウンをずらしていきます。

手術時は、おおよそ60分ほどで終了です。

苦痛と危険性VIOは皮膚もデリケート、色素沈着も多々ある部位です。

機器によっては脱毛の苦痛は相当高い事もあり、Vゾーン、Iゾーン、Oゾーンの順で剛性が増します。

Vゾーンが剛毛である時には痛さも強い事が多々あると決断されています。

麻酔の投薬以外にも、レーザー照射時の冷却ガス、皮膚の吸引力を使用した苦しみの低減など機器ごとに選択する事もできるです。

加えて、打漏れ、火傷、炎症性浮種、毛嚢炎と危険性も高い性質があります。

以上、医療脱毛のVIOゾーンのいろはを短くご解説してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です